メール設定

メールソフト設定


Submission ポート(Port 587)対応

迷惑メール対策の一つとして、プロバイダ各社では「Outbound Port 25 Blocking」の実施を開始しています。その結果、NETAGEや他のプロバイダが提供する接続サービスをご利用のお客様は、メール送信できなくなる場合があります。詳細は、Submissionポート(Port587)の設定 をご覧ください。

不正メール配信制限(POP before SMTP システム導入)

NETAGEのメール送信サーバを使用して、NETAGEのアクセスポイント以外の他のプロバイダ、会社、学校などのネットワーク環境からメールを送信する場合は、送信前に一度受信操作を行ってください。これは受信操作を行うことによって、NETAGEのお客さまであることを確認し、NETAGEのお客さま以外によるメールサーバの不正利用を防ぐためです。

メールはなるべくサーバに残さない

お使いのメールソフトが「メールをサーバに残す」設定の場合、お客さまあてに届いたメールが削除されずサーバに溜まっていきます。サーバにメールが大量に溜まりますと、メールの受信に時間がかかったり、受信時にエラーが発生して受信できなくなってしまうことがあります。

メールのチェック(受信)間隔は、なるべく 5 分以上

お使いのメールソフトが「新着メッセージをチェックする」設定の場合は、チェック間隔を 5 分以上に設定してください。皆さまが短時間に連続してメールチェックされますと、共用で利用しているメールサーバへのアクセスが集中しサーバ負荷のため遅延の原因となってしまう可能性があります。

メール容量が 10 MBを超えると新着メールが届かない

お客様のメール転送設定の誤りなどでメールが無限に届いてしまうループメールや、悪意のある人やウィルス感染者などから大量にメールが送りつけられる状態が発生した場合でも、サーバが安定して動作するようにメール容量が 10 MBを超えると新着メールが届かなくなる仕組みになっています。

場合によっては一時的にメール利用停止などの措置を取らせて頂く場合がございますのでご了承下さい。届かなかったメールは送信者あてにエラーメールを返信します。

Outlook2016の設定が、エラーが起きて完了できない

Outlook2016でアカウントを設定していると「問題が発生しました」や「送信サーバーでエラーが発生しました」の様なメッセージが出て、設定完了まで進まない場合があります。Microsoftでも認識されているエラーで、こちらのページで解決法なども報告されています。

こういう場合のOutlook2016の設定方法を、上記のメールソフト設定にも掲載しています。

受信メールサーバー名、送信メールサーバー名が分かりません

弊社の場合、貴方のメールアドレスの@マークの左側の代わりに、pop. を付け加えると受信サーバー名(POPサーバー名)になります。例えば、 netage@x.age.ne.jp というメールアドレスをお使いの場合は、 pop.x.age.ne.jp になります。 例えば、netage@pritty.ne.jp というメールアドレスをお使いの場合は、 pop.pritty.ne.jp になります。送信サーバーの場合は、 pop. ではなく smtp. を付け加えてください。前述の例ですと、 smtp.x.age.ne.jp や smtp.pritty.ne.jp となります。